アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「Music」のブログ記事

みんなの「Music」ブログ


遅咲き Bass Guitar

2016/07/17 16:11
画像


春のポカポカした日
そのBassは埃まみれのケースに入っていた。粗大ゴミのステッカーも貼らずに置いてあった。

何日か外に放置してあって元の元主は家中の廃棄家具などと一緒に置いたまま引っ越しを済ませて新しい生活へと旅立ってしまった。

いくつかの家具類は粗大ゴミ業者がくる随分前には付近の人々にイリーガルに引き取られて埃まみれのBass Guitarとパイプハンガーは何日も雨ざらしのままだった

職場のパーキングの脇だったもので
少々気になり、錆びたケースのジッパーをジリジリと開ける。
それは思いの他良いコンディションで現れた。手に取りよく見るとネックすら曲がってなく、ボディの打痕すらない極めて新しい

Jazz Bass by Fender? Japan

シリアルはT
ということは20年前の1994
〜1995年

これで鳴れば宝か?

余談だが日本でのFenderとの
契約が終わったらしい。
Fender Japanという
名前も無くなるとか?

さて
ベーアンなんて持ってないのです。
ですので自宅のギターアンプで試す。
すると
予想どうりの残念なジャンクな
ピーキーなノイズの嵐

年代も年代なので念のため
リペアに出すことにした

これは予算次第
電装系とジャック不良ですのでと
いうことで追加で細かなメンテナンスも依頼しても以外と普通の値段

無事
ミントコンディションと相成り帰還

それ以来この年になって
低音域の楽しさに包まれている
なんだろこのFeeling
ふと気づいことがある

ブランクもあり下手なままたけど
子供の頃から触れてるguitarより
何かシックリくるのだ。思えばBassに向き合ったのは初めてだ

人生の選択は常にミスをし遠回りをすることで最終的にはノーミスになるらしい。

その理論でいうと
今触れてることが正解であると信じたい。










記事へトラックバック / コメント


Over The 15years

2015/11/11 01:04
画像


Bookoffというトコは突発的に首根っこ
を掴まれて過去へと放り投げられる場所だ
と思う

ふと手にした中古の 
Monkey Strip Act2

2〜3年ほど前に映画化した
Vanishing Point

あの日見れなった
Last Dance


一抹のやり残したような感情
消滅してから聞くことも無かった
3人の不良達の軌跡を15年の年月を経て
体感しました

流石にもうあの頃の感性ではないから
聞けないのも多々

そして気づいたのは
僕は後期の彼らを殆ど知らなかった。
更に繊細で絶妙なバランスの曲の多さに
驚く。90年代のロックロールのピリオド

あそこで終わるべくして終わったのだ
ガソリンの香りもしない
ロックンロールの世代

2015年 時は過ぎて
ロックンロールは絶滅し進化
してるようだ。
それは多様にそして顕著に見受けられる

バンドマンの息子の服装が暗黒化
メタルコア超ダセーとディスる私。
BJC野DVDを見た妻がケラケラと笑い

皮パンとシャンブレー
エンジニアブーツ
ボアのB3、ライダース 白タンクトップ
メロンソーダ、チリドッグ

当時は結構ダサかったよ!
親子だねとディスられる。

そう僕も
終わるべくして終われて良かったのだ









記事へトラックバック / コメント


Punk is sweet enough

2014/11/06 15:56


昔ブルーハーツとか
大嫌いだった。

お茶の間パンクとブルーハーツとかを聞きもせずにダメなんだと決めつけていた。

ブルハ聞くなら

パンクなら
クラッシュやラモーンズ
メロコアだったら他にもアングラで格好よいのがいると思ってた。

でも
同時に..

メロパンは
切ないくらい優しくて
純粋で刺さることも。

手を差しのべる心の広さ
背中を押してくれる強さも
あるということ

昔から
洋楽ばかり聞いていたせいでその辺がゴッソリ抜けていた。

息子が先輩や教師達と組んだスペシャルバンドでアレンジしていた原曲を聞いたら何故だかシックリと理解できた。 

10-Feet

マジか?
調べてみたら僕と年齢は
3〜4歳しか変わらないw


なるほど
それはシックリ来るはず。
加えて何曲か聴いてると
何だかやたら年のせいだろうか?

無条件に涙腺を刺激する
音作りと言葉にヤラレる

今の子達が
親に近い年齢のオッサン達の音を受け入れるのは、
アーティスト側が世代を選ばない音作りが出来てるということか?

それともメロディーに乗せられたホッとする優しさと言葉、
2度と戻れないあの頃へとフィードバックさせてくれるからか?

それとも
単純に良いものは良いのか?


最近思うんだ。
言葉の持つチカラ
日本語って凄いなぁと
母国語は繊細に伝わると


あの頃の僕が

息子たちのぐらいの素直なキモチでパンクロックに
向かい合えていたのなら
どうなっていたのかな? 

変わんねーかな?
変わんねーかもなw

少しだけ人に優しくなれたかもな。

たぶんな

てか自分へもな
記事へトラックバック / コメント


The Live 

2014/06/03 15:30
画像
息子が生まれる前から
聴いていた音楽を成長した息子と妻と聴いて暴れてきました。


なんだかとっても
不思議なキモチです


会場を見渡せば


洒落た大先輩の60`s
RockのT-を着た50`s
自分ぐらいの40`s
働き盛りの30`s
ダイブ盛りの20`s
ブッチギリのティーン


音楽は世代を越えて
人々の幸せをするんですね

なんだかとっても
不思議なキモチですよ

HipHop Heads
Loud Heads
Anti Japanese music
値観は各々

それぞれに斜に構えて
固定観念でモノ申すより
Liveは全てを語るわけで
LiveにてリアルなEnergyを受け取れるのは今を生きてる"音"しかないのだなと感じ入る

Linkinよりラウドでハードだなんて誰が想像しただろうか?自分も正直ナメてたよ。

音楽はYouTubeで観るものではなく体感してこそ
だからThe Live


42歳なのにモッシュし過ぎ身体バキバキな週明けです
今は武道館でダイブするんだね
記事へトラックバック / コメント


QUICKDEAD 

2013/01/22 20:04
画像
2011年のGRINDLODGEで初めて見たときから凄げぇと思ったバンド

80`s後半〜90'sを過ごしてきた自分なんかは格好いいリフをオカズにご飯お代わりいけるクチw

QUICKDEAD
若いのに音がソリッドでマイナーキー満載で抜群!
PUNKにも色々あるけども、僕らが聞いてたパンクもを余裕でこなしてる気がするのです。ファッションではないリアルPunkのコミカルな部分も含めて表現する力があると思うのです。

音源がいよいよ明日!1月23日に度発売らしいですね!

と思ったら息子が
M&SMITHで予約したとかw

きっと取りにいってくれるのでしょう。
記事へトラックバック / コメント


マクハリンキン

2011/09/11 20:23
画像
千葉参上、
ライブ終了、汗だくでございます。


Faint一曲目はツライ。


2ヶ月前から楽しみにしていた倅は本日ライブデビュー。ヘッドバンギングOnです。

画像
記事へトラックバック / コメント


トップへ | みんなの「Music」ブログ

素晴らしい日々・・ Musicのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる